一生使えるスキンケア、セタフィル
皮膚科学が生んだ保湿力

カート
0
Column 04

セタフィル®はアトピーによる乾燥肌も使える?敏感な乾燥肌のケア

セタフィルPRO
  • この記事をシェアする
女性

身近な皮膚トラブルとして見聞きしたり、実際に発症することが多いアトピー性皮膚炎。

以前は子どもの病気というイメージがありましたが、最近では大人になってもなかなか症状が改善されないという方も多くなっています。そのため、「アトピーによる乾燥肌でも使える市販の保湿剤を知りたい」「皮膚がボロボロになっているが、スキンケアや化粧で目立たなくしたい」といった日常的なスキンケアに関する悩みを抱えている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

その一方で、アトピーの方の肌はどうしてもデリケートになっているため、市販のスキンケアアイテムに手を出しづらいということもあるでしょう。

そんな方にぜひ知っていただきたいのが、専門機関でも取り扱っている保湿剤のセタフィルPROです。市販されている上に、肌に合わなかった時のための返金制度もあります。

もしかすると、セタフィルの存在を知らなかったがために、アトピーには市販の保湿剤は合わないと思い込んでしまっている方も多いかもしれません。

そこで今回は、アトピーについて改めて触れながら、アトピーや敏感肌でも利用できるセタフィルPROについて分かりやすくご紹介します。今まで市販の保湿剤でのスキンケアを諦めていたという方も、最後まで読んでいただいた後には、きっとセタフィルPROを試してみたくなるはずです。

アトピー性皮膚炎とは?

アトピー性皮膚炎は皮膚疾患の1つですが、その原因や健康の肌とどう違うのかなど、メカニズムを正しく理解している方は少ないのではないでしょうか?

しかし、正しいスキンケアを行うためには、アトピー性皮膚炎について理解を深めて自分の肌の問題を知ることが非常に大切です。そこで、ここではアトピーの原因や諸症状、アトピーと乾燥肌の関係などについて分かりやすくご紹介します。

アトピーが原因で起こる諸症状とは

アトピー性皮膚炎というと、皮膚がかゆくなって湿疹が出るというイメージが一般的ですが、ガイドラインによると「増悪・寛解を繰り返す、掻痒のある湿疹を主病変とする疾患、患者の多くはアトピー素因を持つ」と定義されています。

分かりやすく言えば、「アレルギーを起こしやすい体質の人がなりやすい、良くなったり悪くなったりを繰り返す、主にかゆみのある湿疹が出る病気」ということになるでしょう。

また、子供は成人と比較して皮膚が薄く、外部環境に影響を受けやすいのでアトピーになりやすいと言われています。そのため、アトピー性皮膚炎の多くは乳幼児期に発症し、成長と共に治っていく傾向があります。

しかし大人になっても治らない、もしくは再発するというケースもみられ、その場合は治りにくいとも言われています。

また、皮膚がかゆいからといって必ずしもアトピー性皮膚炎というわけではありません。アトピー性皮膚炎は、「かゆみがある」に加えて、「特徴的な湿疹と分布」「繰り返す」という3つのポイントが判断基準となっています。

「特徴的な湿疹」とは、赤みのある湿疹やぷつぷつ膨らんだ湿疹、ゴツゴツしたしこりのような湿疹などのことを指し、アトピー性皮膚炎の場合は、こういった湿疹が顔や首回り、ひじの内側・外側、ももの裏表側などに比較的左右対称に出現することが多いと言われています。

また、アトピー性皮膚炎には湿疹以外にも厄介な病変を引き起こす可能性があります。

例えば、皮膚がカサカサしているため、普段はかゆさを伴わないにも関わらず、衣服が擦れるなど刺激を受けると急にかゆさが現れてしまう「ドライスキン」。そして、皮膚の同じ部分を慢性的に掻いてしまうことで、その部分だけ皮膚が象の皮のように厚くなってしまう「エレファントスキン」などがあり、これらの症状もアトピー性皮膚炎の諸症状の1つと言われています。

参照:
http://www.nihonatopy.join-us.jp/padyna/shoujou/kijyun.html
https://www.daiichisankyo-hc.co.jp/health/symptom/32_atopy/

そもそもアトピーができる原因

アトピー性皮膚炎の定義や代表的な症状についてご紹介しましたが、そもそも何が原因となって発症してしまうのか知らない方もいらっしゃるのではないでしょうか。実は、アトピー性皮膚炎は「体質的な要因」と「環境的な要因」が重なって発症すると考えれています。

ここで言う「体質的な要因」とは、アトピー性皮膚炎の定義の中でも触れたアトピー素因と、皮膚のバリア機能低下のことを指します。本人や家族にアレルギー疾患歴があると、アトピー性皮膚炎にもなりやすいというのは、一般的にもよく知られていることでしょう。ただ、皮膚のバリア機能が低下して乾燥している場合も、肌内部にアレルゲンが侵入しやすくなっている状態であるため、アトピーの「体質的な要因」と考えられています。

一方で、「環境的な要因」とは、アレルゲンや肌への刺激、そして、生活習慣などのことを指します。具体的には、食べ物やホコリ、ダニやペットの毛、金属や花粉などがアレルギーの原因物質=アレルゲンと言われており、他にも、汗や垢といった分泌物、洗剤や化粧品などの化学物質、衣類のこすれといった肌への刺激もアトピーの要因となり得ます。

更に、一見直接肌に関係しなさそうですが、過労などの物理的・精神的ストレス、食生活の乱れなどもアトピー発生に影響を与えています。つまり、皮膚が過敏になってバリア機能が低下しているところに、許容量以上のアレルゲン物質を摂取したり、偏った生活習慣や食生活をすることによって正常な皮膚のメカニズムが崩れてしまい、その異常がアトピー性皮膚炎として現れるのです。

アトピーだと乾燥肌になりやすい

女性 かゆみ

アトピーの「体質的な要因」として皮膚のバリア機能低下について触れましたが、実はアトピー素因を持っていると乾燥肌になりやすいと考えられています。本来、健康な人間の肌は、皮膚表面にある角層がバリア機能を果たすことで肌内部の水分を保ち、外部刺激に負けない肌を作っています。

しかし、角層のバランスが崩れてバリア機能が低下し、肌が乾燥すると、肌内部にアレルゲンが侵入しやすくなってしまうのです。更に、アトピーを発症するとどうしても皮膚を掻いてしまうため、掻き壊しによって更にバリア機能が低下して、肌がどんどん乾燥していってしまうという悪循環に陥ってしまいます。

乾燥肌・敏感肌 理想の肌

このように、アトピーの肌は非常にデリケートな状態になっているため、スキンケアにも注意が必要です。

そこで、まずは皮膚のバリア機能を壊さないためにも、ひっかき傷をつくらないようにしましょう。どうしても掻いてしまうという場合は、手袋などを付けて指や爪が肌に直接触れないようにする方法もあります。

また、かゆさや炎症があると、どうしても強く洗いすぎてしまいがちですが、これは逆効果です。洗いすぎると肌に必要な皮脂まで取り除いてしまったり、洗浄の際の摩擦により肌に負担をかけてしまう場合があるため、優しくなでるように洗うことを心がけましょう。

アトピー素因を持つ方でも利用出来るセタフィル®PRO

セタフィルPRO

アトピーの肌は皮膚のバリア機能が低下し、非常にデリケートな状態になっているということをご紹介しました。

すでにアトピー性皮膚炎が寛解している方や、アトピーの要因を持っているものの発症していない方も、自宅でのスキンケア方法に関して悩まれているのではないでしょうか?

例えば、「市販の保湿剤や洗浄剤が気になるけれど、肌に合うのか不安でチャレンジできない」なんてことも少なくないはず。

そこで今回は、そんな敏感肌の方でも利用出来るスキンケアアイテム「セタフィルPRO」について詳しくご紹介します。以前は「レストラダーム」という名称が使われていましたが、現在は「セタフィルPRO」と呼ばれています。

先進の皮膚科学から生まれたセタフィル®

もともとセタフィル(CETAPHIL)とは、1947年にアメリカ・テキサス州の1人の薬剤師が、皮膚の治療をしている患者さんのために「皮膚に優しいクレンザー」を開発した事から始まったスキンケアブランドです。

セタフィルという名前自体も、皮膚の保護成分である「セタノール」と古代ギリシャ語で”愛する”を意味する「フィル」を掛け合わせた言葉であり、「一生使えるスキンケア」を目指して商品作りを続けてきました。その結果、現在では世界の50カ国以上の国々で70年以上に渡り愛され続けています。

そんなセタフィルPROの製品には、主に2つの代表的な保湿成分が含まれています。

1つ目は、セタフィルという名前の語源にもなった植物由来の保湿成分セタノール。2つ目は、人間の肌で作られるたんぱく質の一種で、肌のバリア機能や保湿を担っている天然保湿因子フィラグリン分解産物です。

健やかな肌のためには必要不可欠な成分ですが、セタフィルPROは、このフィラグリン分解産物を世界で初めて配合したスキンケアアイテムであるため、アトピー素因を持っている方や敏感肌の方にもおすすめできるシリーズと言えます。

セタフィル®PROは92%のアトピー性皮膚炎患者が支持

アトピー素因を持っていても、皮膚炎症状がない場合にはセタフィルで皮膚を保護するのがおすすめです。
※アトピー性皮膚炎を発症している場合には、かかりつけの医師の指示に従って治療を行なってください。

セタフィルPROは、アトピー素因や加齢などによっても起こる乾燥肌・敏感肌、それに伴うかゆみが気になる方の肌にも使える、非常に肌にやさしいスキンケアシリーズです。実際に、アトピー性皮膚炎の患者さん60例から統計をとったところ、92%の方々が「今後も使い続けたい」と 答えており、その背景には次の2つの成分の効果があると考えられます。

1つ目は先ほども触れたフィラグリン分解産物です。もともと人間の体内にあるたんぱく質であるため、肌に負担をかけることなく、肌のバリア機能をサポートし、肌表面をうるおいでコート。外的刺激を受けにくくします。

もう1つは、保湿成分であるセラミド前駆体です。セラミドは肌内部のうるおいを保つ役割がありますが、肌のかさつきや乾燥によるかゆみを防ぐ効果も期待できるため、アトピー性皮膚炎の患者さんをはじめとした乾燥肌・敏感肌で悩む方にはぴったりの成分と言えるでしょう。

この2つの成分の効果もあって、セタフィルPROは実際に肌に悩むアトピー性皮膚炎の患者さんにも、「使い続けたい」と思っていただけるようなスキンケアアイテムになっています。

テクスチャ

乾燥によるかゆみが気になる肌にも安心して使えるボディウォッシュ
セタフィル®PROボディウォッシュ

ここからは、実際のセタフィルPROシリーズのアイテムについてご紹介していきます。セタフィルPROはボディウォッシュとボディローションの2つのアイテムから成るシリーズです。

まず、ボディウォッシュであるセタフィルPROボディウォッシュは、乾燥によるかゆみが気になる肌でも安心して使えるように、パラベンフリー・石鹸成分フリー・香料フリーを徹底しています。余分なものは入れずに低刺激にこだわっている点も特徴の1つと言えるでしょう。
※パッチテスト実施済み

また、敏感肌や乾燥肌の場合、洗った後の肌の突っ張りやかさつきが気になるという方もいらっしゃいますが、セタフィルPROボディウォッシュであれば、洗浄しながら弱った肌の角質層バリア機能をサポートしてくれる効果があります。

さらに、角質層水分保持に役立つフィラグリン分解産物と保湿効果に優れたシア脂、ヒマワリ種子油といったオイルを配合しています。そのため、洗いあがりの肌もなめらかに保ってくれるなど、かゆみや乾燥が気になる肌でも使いやすいボディウォッシュと言えるでしょう。

フィラグリン分解産物配合で肌のバリア機能をサポートするボディローション
セタフィル®PROボディローション

セタフィルPROボディウォッシュで清潔にした肌は、セタフィルPROボディローションで保湿をしてあげましょう。使い方は非常にシンプルで、適量を手に取って洗浄後の肌になじませるだけで完了です。

セタフィルPROボディローションには、フィラグリン分解産物が配合されており、弱った肌の角質層内のバリア機能をサポートしてくれます。さらに、乳液状のローションが肌に水分を与えて、柔軟にし、水分を保つという柔軟・吸水・密閉の3つの機能が1本にまとまっています。そのため、セタフィルPROボディローションさえあれば、別途保湿クリームなどを塗ることなくスキンケアが完成するという点も非常に大きなポイントと言えるでしょう。

セタフィルPRO

まとめ

ここまで、アトピー性皮膚炎の定義や原因、そして、アトピー性皮膚炎は寛解しているものの敏感肌で悩む方でも安心して使えるスキンケアアイテムとしてセタフィルPROシリーズについてご紹介してきました。いかがでしたでしょうか。

ポイントをまとめると以下の通りです。

  • ・皮膚のバリア機能が低下した乾燥状態の肌に、アレルギーの原因物質(ダニ・ほこり・食べ物など)が侵入したり、ストレスなどが原因でアトピーになる。
  • ・子供は成人と比較して皮膚が薄く、外部環境に影響を受けやすいのでアトピーになりやすい。
  • ・皮膚が過敏でバリア機能が低下しているところに許容量以上のアレルゲン物質を摂取したり、偏った生活習慣、食生活をすることによりアトピーが発症・悪化する。
  • ・セタフィルのコンセプトは「一生使えるスキンケア」であり、名前の語源は皮膚の保護成分「セタノール」と 古代ギリシア語で愛を意味する「フィル」をつなげた言葉。
  • ・セタフィルPROは肌のかさつき、乾燥によるかゆみを防ぎ、保湿・保護することで、健やかな肌へ自然と導く。
  • ・セタフィルPROの旧名称はレストラダームだが、成分は変わりない。
  • ・セタフィルPROボディウォッシュは乾燥肌、敏感肌、かゆみが気になる肌にも使える低刺激性の洗浄料。
  • ・皮膚科学を追求したセタフィルPROの保湿乳液はバリア機能のサポートとうるおい保湿の二つが備わったボディローション。

セタフィルPROシリーズは、このセタフィル公式サイトから購入することが可能です。ぜひ一度チェックしてみてくださいね。

  • この記事をシェアする

【この記事の監修者について】

中村淑子 医師
・医師名
中村淑子
・資格/所属
日本皮膚科学会認定皮膚科専門医
サーマクール認定医
北朝霞メディカルクリニック院長
順天堂大学非常勤助教
・略歴
大学病院で7年勤めたのち、美容皮膚科クリニックで研鑽を積み現職。
商品開発アドバイザリーやメディア取材など皮膚科領域で幅広く活動している。

本記事でご紹介した商品はこちら

  • セタフィルPRO ボディウォッシュ 295mL
    セタフィル®PRO
    ボディウォッシュ

    洗浄料  295mL

    ¥2,890(税込)
    定期価格 ¥2,410(税込)  16%OFF

  • セタフィルPRO ボディローション 295mL
    セタフィル®PRO
    ボディローション

    保湿乳液  295mL

    ¥3,360(税込)
    定期価格 ¥2,840(税込)  15%OFF